自宅 簡単 白髪染め

自宅で簡単に白髪染めしたいアナタへ

イメージ

白髪はとても鬱陶しいものです。

その1番の理由は、2週間くらいですぐに根元の白髪が目立ってくるということですよね。

2週間~3週間に一度くらいの割合で染めている方が多いと思います。

1ヶ月に1度で良いという方は、まだそれほど白髪が多くない状態です。

日本人は黒髪なので、白と黒のコントラストが激しいということも、この時期を早めている原因です。

白髪染めは、ある程度の準備も必要だし、時間もかかるため、面倒ということもあります。

その他にも、皮膚が敏感だったり、同時に薄毛が気になるという場合は、こまめに染めること自体も避けたいことだったりしますよね。

 

 

白髪の原因

髪の毛が黒くしているのは、メラノサイトで作られるメラニンです。

これが、加齢や遺伝、または病気、ストレスなどによりこのメラニンが作れなくなることで、白髪になります。

また、栄養が不足すると血流が悪くなり、白髪になります。

白髪に効果的といわれているのは、マッサージを行うということです。

血行をよくして、毛根の色素形成細胞を刺激してあげることです。

白髪染めの種類

白髪染めは、化粧品のカテゴリーに入るものと、医薬部外品とされているものの2種類があります。

化粧品のものは、ヘアマニキュアやカラートリートメントなど。

医薬部外品のものは、一般的な白髪染めがそうです。

酸化染毛剤と言われていて、一度でしっかりと染めることができます。色持ちはとても良いです。

ほとんどの人は、この酸化染毛剤を使って染めていると思います。

ただ、この参加染毛剤は、髪を傷めることもあり、体質のよってはアレルギーのある人もいます。

毎回必ずパッチテストをしてから使う必要があります。

髪の傷みや肌への刺激が気になる人は化粧品の白髪染めを

髪の傷みや頭皮への刺激が気になる場合は、ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントがおすすめです。

色持ちはそれぞれによって違いますが、2~4週間くらい。

色落ちした髪色を落ち着かせることもできますし、何度か重ねることで、白髪をしっかりと染められるようなものも登場しています。

一度できちんと染まるヘアカラートリートメント

お肌への刺激も少なく、髪も傷まないヘアカラートリートメントは、もう一つおすすめのポイントがあります。

それは、トリートメントのように使えるというところ。

白髪染めは、たいていは乾いた髪に付けますが、ヘアカラートリートメントは、洗髪後の濡れた髪に使い、洗い流して終わりというものがあります。

この場合は、特別な行程が要らないので、気軽に行えます。

これを行えばトリートメント効果もあるので、別にトリートメントやコンディショナーをする必要はありません。 

なるべく白髪染めの負担をなくしたい方なら、濡れた髪に使えるヘアカラートリートメントがおすすめです。

濡れた髪に使えるヘアカラートリートメントはこちら>>